四国遍路をして心を浄化しよう|手配の仕方

ウーマン

アクセスが良くなりました

家族

車での移動が基本です

2015年に東京駅と金沢駅の間が新幹線で結ばれたことにより、首都圏から北陸へのアクセスが格段に改良されました。東京駅から金沢駅まで約2時間30分でアクセスできるようになったため、北陸方面への観光がより身近になったのです。それに伴って能登半島ツアーへも行きやすくなりました。能登半島ツアーの魅力は何といっても、のどかな山里風景や開放感満点の日本海ビューが楽しめることです。そのため、絶景エリアに心惹かれる人がとても多いです。能登の絶景スポットといえば、小さな田が1000枚以上並ぶ棚田が思い浮かぶでしょう。特に夏は緑がきらめき、秋は稲穂が黄金色に染まることから、季節ごとに変わる姿が楽しめます。また砂浜を運転できるドライブウェイや能登半島先端の岬など、能登半島には見どころがたくさんあります。ところで能登半島ツアーでは車での移動が欠かせませんが、2013年に有料道路が無料化されたことで、輪島や奥能登など能登半島の先までのアクセスが大変便利になり、注目度が上昇中です。能登半島ツアーの起点を金沢駅とする場合、半島の絶景スポットを全て回るなら1泊2日を予定しておくと良いでしょう。レンタカーを借りて能登半島ツアーをする場合、1泊2日だと約15,000円程度します。これにガソリン代を加えた値段が、移動に必要な費用となります。また宿泊施設も温泉付きの旅館やホテルならば、10,000〜20,000円程度の費用が必要なのです。このように個人で能登半島ツアーをすると、数万円程度のお金が必要です。